二十年ほいっぷ

くすみで印象はかわる。女優ライトが本当の顔

見た目年齢は、何で決まるがご存じですか?それは肌によって決まるようです。
肌のシミや小皺も関係しますが、実は『肌のくすみ』によって見た目年齢が左右されるようです。

 

そして肌のくすみが、あなたのしみ、しわ、キメといったものをより強調してしまうのです。
逆に考えれば、肌のくすみがなければ少々のしみ、しわ、キメの粗さは目立たず綺麗な肌に見えるということです。

 

どんなに肌のお手入れに時間をかけたとしても、肌のくすみを解消できなければ実年齢よりも老けてしまうのです。

 

では、くすみのない肌とはどんな肌なのでしょうか?あなたは『女優ライト』をご存じですか?
女優さんの肌があんなに綺麗に見えるのは、女優ライトのおかげなんです。
女優ライトをあてることで、ライトの肌の色を飛ばして肌を綺麗にみせているのです。

 

女優さんも女優ライトがなければあそこまで綺麗な肌ではないのかもしれません。
強烈な女優ライトの光がくすみのない綺麗な肌を創りだしているのです。

 

ですから、あなたも女優ライトのような強い光を照射してみると、シワ、しみ、キメの粗さは目立たないはずです。
それが、あなたの本当の顔なのです。本当の顔を知らないでいると損していると思いませんか?

 

20年かけて世に出る『直火釜練り製法』

くすみを解消する技術!自火釜練り製法とは?

肌のくすみを解消するにはどうしたらいいのでしょうか?くすみを2つの種類があるようです。

 

1つ目は皮膚膜のくすみです。
皮膚膜のくすみは、皮膚の表面にこびりついている汚れが原因となります。

 

2つ目は角質層のくすみです。
角質層のくすみは、肌が乾燥することで、
潤いを肌に閉じ込めようとして角質層が分厚くなり肌の透明感が失われることが原因となるようです。

 

しかし、皮膚膜の汚れを取り除こうと、洗浄力を重視した石鹸を使用すると肌がつっぱて余計に乾燥がひどくなります。
そうして、さらなる角質層のくすみを生むことになるのです。

 

逆に角質層のくすみを生まないように潤いが残る石鹸を使用すると皮膚膜のくすみが残ってしまうのです。
これが、世の中に、『くすみ』の悩みが消えない理由だと思います。

 

そして、この悩みを解決する方法が「自火釜練り製法」という技術を使用して石鹸を作ることなのです。

 

これの製法をつくりあげたのは、北海道で20年以上も石鹸を研究し続けている石鹸職人さんでした。
20年して作り上げた自火釜練り製法が、皮膚膜のくすみをとる石鹸と
、角質層のくすみをうまない石鹸を掛け合わせる技術なのです。

 

そして、この石鹸のサンプルを作り使用してみると、顔の色は明るくなりくすみもないすべすべの肌になったそうです。

 

くすみをなくす『二十年ほいっぷ』

くすみ用洗顔『二十年ほいっぷ』の実力は?

北海道の石鹸職人さんの二十年間の努力によってあみだされた
自火釜練り製法で開発された洗顔料は『二十年ほいっぷ』です。

 

この二十年ホイップの汚れを落とすと同時に、肌に潤いを与える秘密はなんでしょう?

 

それは『北海道産のホエイ』なのです。
このホエイは、肌に潤いを与えるだけでなく、石鹸の肌の汚れを落とすという働きもしっかりと兼ねていて、
かつ「泡の弾力を強くする」という働きまであるのです。

 

そう、このホエイはたくさんの優れた美容成分を含んでおり、肌の角質層に水分をたっぷりと送り込み、
その水分を保つ力がとても優れている液体なのです。

 

肌が潤うことで、角質層は段々と薄くなり、肌の内部からくすみが解消されるのです。
ホエイは北海道の大自然が生んだ天然の美容液成分なのです。

 

そして、このホエイから作られている二十年ほいっぷを実際に使用している方達からは
嬉しい報告が次々と届いています。

 

化粧水もどんどん浸透して、10年前の肌に戻ったみたい、
二十年ホイップの洗顔だけで、エステにいったようなお肌になる、本当に肌が白くなりシミやシワが目立たなくなった
という声が口コミに溢れています。

 

この『くすみ用洗顔二十年ほいっぷ』であなたの本当のお肌を手に入れていませんか?
きっと、くすみが解消されて何歳も若返ったような肌になると思います。